「倉庫に後から入荷」とは何ですか?

倉庫に入荷が行われていない商品でも、事前に注文を受付けることができる機能です。

受注生産、予約販売のような販売を行いたい場合にご利用ください。

 

「倉庫に後から入荷」を利用する場合

入荷数に関わらず、ショップオーナーは自由に在庫数(何個分の注文を受付けるか)を設定できます。
在庫数はショップオーナーが設定する値ですので、入荷が行われても在庫数は自動で増加しません。

ショップオーナーは以下の事項を考慮する必要があります。

  • 在庫数: 何個分の注文を受付けるかを表します。
  • 引当可能在庫数: (入荷個数 - 注文個数)を表します。プラスの場合には、倉庫から出荷可能な個数を表します。マイナスの場合には、倉庫への入荷が必要な個数を表します。
  • 入荷数: 倉庫に預ける・預けた個数を表します。引当可能在庫数がマイナスの場合、それだけ入荷を待っている購入者がいるということです。その数を満たすだけの入荷を行ってください。

特徴

入荷前に注文を受付けることができるので、注文数に応じた商品の生産や入荷を行えます。
受注生産、予約販売のような販売を行いたい場合にご利用ください。

注意すべき点

購入前に入荷が完了していない場合、購入者は入金後に商品が入荷・発送されるのをしばらく待つ必要があります。

入荷が行われるまでは、商品がメール便配送可能なサイズであるかを倉庫側で確認できません
そのため、ショップオーナーがメール便配送を許可していたとしても、入荷前に行われる注文では、宅配便による配送しかお選びいただけません
(ただし、一度でも入荷が行われ、メール便配送可能なサイズであると確認された商品の場合には「倉庫に後から入荷」が選択されていてもメール便配送が可能です。)

 

「倉庫に後から入荷」を利用しない場合

入荷された個数がそのまま在庫数(何個分の注文を受付けるか)として登録されます。
必ず入荷数と在庫数が等しくなるため、ショップオーナーは倉庫にいくつ入荷するかを考慮するだけとなります。

特徴

購入前に入荷が完了しているため、購入者による入金後にすぐに商品が発送されます。
手元にある在庫をBOOTHの倉庫に預けて販売したい場合には通常こちらをお選びください。

注意すべき点

入荷が行われていない状態では注文を受付けることができません。
そのため、受注生産、予約販売のような販売にはご利用いただけません。

この記事は役に立ちましたか?
81人中67人がこの記事が役に立ったと言っています